蓄電池 太陽光発電 サンライフコーポレーション 蓄電池 太陽光発電 サンライフコーポレーション

蓄電池Storage battery

BCP(事業継続計画)対策
としての蓄電池活⽤

BCP(事業継続計画)対策としての蓄電池活⽤のイメージ

災害時の⾮常⽤電源として

瞬間的であっても、⼤災害をもたらす可能性があるのは停電。
企業において、BCP対策は必須の課題です。

蓄電池は太陽光・系統のいずれからも充電が可能です。
停電で系統の電気が使⽤できなくなったとしても、太陽光で発電し、その電気を貯めておけるので、災害対策として活⽤することができます。
⼤切な情報が詰まったサーバーの⾮常⽤電⼒として、また災害時の避難場所の供給電⼒として活⽤されるケースが多くなっております。

太陽光+蓄電池はセットでの導⼊を

⾃家消費型太陽光を導⼊されるのであれば、蓄電池とセットされることをお勧めしております。
太陽光単独では、セットでの導⼊によって得られるメリットを半減させてしまいます。

  1. セット導⼊によるメリット︓1

    効果的なBCP対策が可能

    ⾃家消費型太陽光は単独でも⾮常⽤電源として活⽤できますが、太陽の光が無い夜間のバックアップ電源としての活⽤は不可能となります。蓄電池と併⽤することにより、夜間も含めて常時⾮常⽤電源として活⽤できるため、BCP対策としての効果が⾶躍的に向上します。

  2. セット導⼊によるメリット︓2

    補助⾦の活⽤

    令和3年度にて出されている「地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する⾃⽴・分散型エネルギー設備等導⼊推進事業」の補助⾦のように、蓄電池とセットで太陽光に補助が出されるものがあります。

  3. セット導⼊によるメリット︓3

    高い電気代削減効果を得られる

    太陽光発電は30年以上の発電が可能であると⾔われており、中⻑期的な視点でみれば太陽光で発電した電気をほぼ100%活⽤できるということになります。産業⽤蓄電池を⽤いることで、電気代削減効果は⾶躍的に向上します。今後、電気代がさらに上昇していく背景を鑑みると、年々その導⼊効果は⾼くなります。